皆様のお口の中がどのような状態になっているのか、どんな状態なのか知ることはみなさまにとっても私たちにとっても大切です。

『私の口の中ってどうなっているの?』自分の歯が何本あるか?ご存知ですか?歯を抜かなければいけなかったり、親知らずがあったり、乳歯が残っていたり…皆様ひとりひとりでお口の状況は違います。前歯と奥歯は形や大きさやその役割も違います。ただ治すことはできますが、治したところをすこしでも長く使って行けるように皆さんのお口の資料を記録し経過を見て行きたいと思っています。
また治療のご希望やお口の状況や治療の優先順位も違います。

皆様の希望はいろいろ…治療の方法もいろいろです。
すこしでも綺麗に治したい。早く治したい。よく噛めるようになりたい。
そんなご希望に応えるためいろいろな機械を用いて皆様のご希望に応えて行きたいと思っています。

CTとデジタルレントゲンについて

デジタルレントゲン

より良い診断ができるように画像の綺麗な写真をピックアップし、画像を作製することでよりわかりやすいX線画像となります。
また当院はデジタルレントゲンを採用しておりますので、通常のX線撮影に比べて被爆する線量は低くほとんど人体に影響はありません。(ビスタスキャン mini)
また、より正確な画像と安全な治療ができるようにCTを導入しています。パノラマ撮影では撮影時間に短く、従来のパノラマX線撮影の被爆線量の半分で撮影ができます。
(エクセラ スマート)CT撮影をすることで、パノラマ写真に比べてより多くのお口の情報を得ることができます。より安全な治療、親知らずにおいても神経との関係をより正確に診断することができます。複雑な根っこの状態もより正確に知ることができます。安全にインプラントが埋入することができます。

デンタルXについて

デンタルX

自分の口のなかってどうなってるの?見えないし、口で言われてもわからない…ってことありますよね。だからカメラでお口の写真をとり(パナソニック)、さらにX線写真と歯茎の検査の値をだして、皆さまお一人お一人のお口の資料を作ります。その資料をみて、より自分自身のお口の中を知っていただいた上でどのような治療をするかを選択していただけたらと思っております。(デンタルⅩの資料)
治療っていっても…何をするのかわからないことも多いと思います。今日何をするのか?次回何をするのか? 根っこの治療ってどんなこと?ブリッジって?フッ素ってなに?はもちろんおおよその通院回数についてご説明してきます。
(次回治療内容のプリント)ご不明な点がありましたらご質問ください。
歯医者は時間がかかる…と思う皆様の疑問をできるかぎり解消できたらと思っております。

5倍速エンジン(ナカニシ5倍速)

5倍速エンジン

キーーーンという音がダメという方も多いと思います。
歯科医院で一般的に使用されている削る機械ではこの音が出てしまいます。
当院では音が苦手な方は5倍速エンジンを使用して治療することができます。
(ナカニシ5倍速)ゴロゴロとした振動はありますが、音が嫌な方にはこちらでの治療をお勧めします。

マイクロスコープ(カールツァイス製 ピコモラー)

マイクロスコープ

肉眼では見にくい細かい治療場所や奥まった場所を診る際などに使用します。
前後左右にレンズを動かすことができ、肉眼で見るよりも約3.4~21.3倍に治療部分を拡大できるマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)です。拡大鏡で見づらい部分や、より精度を求められる治療(根っこの治療、インプラント等)で使用します。

拡大鏡(カールツァイス製 EyeMagPRO)

拡大鏡

顕微鏡で世界的に有名なカールツァイス製の拡大鏡(双眼ルーペ)を使用しています。
肉眼で見るよりも約4.3倍の大きさに視野を拡大し、お口の状態を鮮明に見ることができます。必要に応じて高倍率のマイクロスコープを用い、より精確な診断や精密な治療を行なっています。

セラカルLC、3mix

痛みがある虫歯は歯の神経に近いものが多いです。神経を取ることで痛みはとれますが、神経がなくなると歯の寿命が短くなると言われています。治療期間はかかりますが、少しでも神経を取らない治療がいいというかたのため使用します。 このセラカルLCを用いることで神経に刺激が届かないようにデンチンブリッジというバリアーを作ってくれます。

口腔用カメラ(パナソニックDental@i)

口腔内カメラ

本当に虫歯なの?歯茎の腫れって?汚れっていってるけど、ちゃんと磨いてるし!
見えないからわからないことはたくさん有ります。そんな見えない場所を確認してもらうために口腔内カメラを用いて写真を撮って行きます。
みなさんもなじみのあるパナソニック製のカメラで鮮明な写真を見ていただいて、確認していただいた上で治療していきます。

YAGレーザー

レーザー治療器

レーザー治療器

虫歯や歯周病、口内炎、知覚過敏などの治療や、歯肉の黒ずみ(メラニン色素)の除去などに効果があります。
厚生労働省が認可した歯を削ることのできる唯一のレーザーで、水を併用するので痛みが少なく、安全性の高い治療が行えます。

具体的には下記のような症状に対して効果があります

  • ・虫歯の治療
  • ・歯石の除去
  • ・歯周治療での歯肉のなかの殺菌消毒
  • ・根の治療をするときの根の中の殺菌消毒
  • ・歯肉の黒ずみ(メラニン色素)の除去
  • ・歯がしみていたり、鈍い痛みがあるときに痛みをなくす。
  • ・軟組織の切開、切除(切ったり、取ったり)
  • ・歯質の強化(レーザー照射により、歯の表面性状が変わり、強化されます。)
  • ・歯の切削
  • ・口内炎の治療や入れ歯が当たって痛いところの治療
  • ・止血
  • ・レーザーを当てることによってキズの治りが早くなる(修復細胞の活発化)

浜松市中区中央1-1-1090-8676-3008受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ